かなりヌルヌルな雑記


by aruen

vs YOU  言い訳

先週土曜日にPrTzN vs YOU がありました。

結果は4敗。

ここまで勝てなかったのは自分が知っている中ではほとんど記憶に無いデスネ。

負け惜しみを言うならば
『人数差を読み違えた』 『攻め側』 『作戦の不備』
といくつかの要因が挙げられるのですけど、これらは本当に負け惜しみでしかなく、単純に完敗だったといわざる得ないでしょう。

この点を抑えて自分なりに敗因を考察していこうと思う。

TUNIS HARBOR32  FALL OF BERLIN16  SIDI POWER PLANT32  SUEZ CANAL(タイタン)

今回の4マップ。

クラン内でも考察が出ていたが、分隊属性の比率違いがある。分隊属性は大きく分けて4つと自分は思っているが、『攻撃』 『守備』 『バランス』 『野良』の4つ。

模擬戦などでは各分隊にこれらの属性が割り振られている。メインとサブみたいな位置付けはあるけども1マップの間にコロコロ変わることは少ない。
また、『バランス』の属性を持っている分隊がいることも特徴的で攻守どちらにも対応可能な動きをしている分隊がいる。

でもYOU側はどうだろうか?

当然ながらYOU側の分隊には属性が割り振られてなどいない。ではどうなっているか。
極端な話、『バランス』に属する分隊はいない、又、攻めと守りの比率も7:3くらいだろう。そのかわり1マップ中で属性が変わる。

つまり、分隊内で「次は発電所~」「裏に来たからジャンク戻り~」のように分隊長があっちへいくかこっちへいくか決めるわけ。そうなると分隊長が分かっている人なら必然的に敵のいるところへ攻めに行くのが7で敵の少ないところで様子見るのが3くらいになる。

これは野鯖にも同じことが言えるのですが、決定的に違うのは『野良』の属性の人数が多いこととと守り意識が希薄なため、攻め属性のみになる傾向がある。この究極的な形が『小学生サッカー』と呼ばれる状態である。

今回、チェニスやベルリンのマップで負けた要因は、YOU側の分隊間に適度に同じクランが配置されており、分隊力が高かったことで攻めと守りが適度な形になり、分隊ごとの一点突破による切り崩しが出来ていたことにある。

前に、PrTzNの弱点的な話を書いたことがあったけど、今回も、面の展開に対して線で突っ込まれて破られた場面は多かったと思う。要するに場面場面での人数がYOU側のほうが多かったのだ。
自分も歩兵をしていて視界に3~4人いることがザラで、5人以上いたときもあった。

チェニスやベルリン16のような戦闘エリアの面積が小さく、旗の数も少ないマップではこの差が如実に出た形になったのだと思う。

ただ、模擬戦のような形になると相手も分隊属性を考えなくてはならなくなるため、全然違った展開になると思いますけどね。

プラントとタイタンについてはまた今度。
[PR]
by aruen | 2007-10-29 17:05 | BF